2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
一護~~!
2009/08/31(Mon)
30日 アーロン連れて 一護に会いに行ってきました♪

一護の足は すぐ見て 9月に初めて送ってもらった写真と 同じでしたね・・・

その当初は 映り加減でなのかなと思ってたけど そのまま 成長してる感じです

飼育、病気での 変化は ちょっと 短期間すぎるので 可能性は低いかなと
どちらかというと 事故的な怪我? なにか 筋、骨、筋肉を痛める何かが 譲ってから 1ヶ月内で起こったのかなと過程したほうがあってるような動きと容姿(形)

脚に関しては わからない部分もありますので なんとも言えないけど
見た目は写真のまんまなのは確かです(立ち方とか撮り方関係なく)

一応 くまなく 体を触って チェック

まあー あの歩き方だから 筋肉もあまりついてないのも触ればすぐにわかるし 痩せぎみ体系
そして ポコニャン&タマ金が かなり小さかった・・・ 去勢したの?と飼い主さんに聞いたぐらいw

ただ 猫背は アーロンと変わらないほどの高さでしたよ(触って比べたので)

さすがに男の子 足が悪くても フーカとキャッシーよりは 背は高い

やっぱ犬の場合は 実際会って触って 判断するのが 一番わかりやすいかな

もし 治る可能性があるとしても マッサージやストレッチみたいなものを 根気よくしないと まあー そのまんま維持かなと・・・

色々と心配したけど 会えて良かった♪

そんな 一護の写真です

DSCF6101.jpg

DSCF6093.jpg

顔は フーカ と そっくり♪

では アーロンとの 兄弟ショットを続きから

DSCF5188.jpg

久々に会って どんなんかな~♪

DSCF6141.jpg

DSCF6064.jpg

DSCF6023.jpg

DSCF6182.jpg

DSCF6184.jpg

DSCF6188.jpg

DSCF6196.jpg

DSCF6192.jpg

一護に怪我をさせてはいけないので アーロンにマズルガード最初から付けてのご対面

アーロンもガウる事もなく 一護は優しい性格の子だなと感じましたね♪

また いつか 他の兄弟達とも 会えればと願っています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
コメント
- No title -
写真を拝見する限り、膝蓋骨脱臼によるカウホックがでているようですね。股関節に異常はありませんか?
酷く、骨格形成前の幼月齢時(~3,4ヶ月くらいまで)に滑りやすい環境で激しく運動していたなど後天的原因がないならば、家族性(遺伝的)な原因が疑われます。

両親犬ともにJAHDの検査はパスされていますか?
記事をみると性成熟も控えめのようですが、先天的な遺伝疾患で脳からのホルモン分泌が不十分も考えられます。
この場合、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、ヘルニアも先天性疾患として現れやすいと欧米の獣医学の間で報告されています。

1ヶ月で変形した、というよりも大きく成長する時期にそれまで目に見えていなかった現象が顕著にでてきたということはないでしょうか?
家族性の疑惑が拭えない場合は、同胎の子達にも今後出てくるということも視野に入れておかれる方がいいと思われます。
ちなみにパテラであれば、マッサージやストレッチは軽い症状の場合なら、多少効果があるかも知れませんが、変形までいくとまず、意味ないですね……痛みが出ないように獣医さんと連携して検診して現状維持がベストじゃないでしょうか。
2009/09/06 17:14  | URL | とおりすがり #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/06 18:15  | | #[ 編集] ▲ top
- お返事 -
とおりずかりさん と 秘密のコメさんへ


こないだの歩いてる動画を見ると 一応は 後ろ脚の形(容姿)はそのままだけど 脚の箇所箇所は動いてるので(機能している)・・・ 

なので膝蓋骨脱臼とも違う気もしますが 

膝蓋骨脱臼 ← これは 片足? スキップみたいな歩き方や 座り方などに症状がでる感じですよね?

一護の場合 両足だし 一応歩く足の箇所は機能してたから カクカクしてもなかったし 立ちあがりなども普通に立ち上がる感じだったし 足より 腰のほうの変形のような感じもするんですよね・・・
腰の関節の 2個ぐらい上の背骨から下に曲がってるような感じでもあるし・・・

一応 両ひざの骨も左右違わないか 腰の関節? 左右ずれてたりしないか 触って 左右同じだとは思いましたけど・・・
ただ骨全体的に 硬くなってるかなと印象はありましたが・・・

一応、アーロンも連れて行ってるので 触っての骨(ヒザ、間接)の違いがあるかは 比べれたかな

痛みがあるような事もなかったかなと見てて思いましたし

獣医さんには 10月に飼い主さんがみせられてるので そこから 1年近くが経ってますが・・・

前々から 気になってた 前足の指が 同じ早さで開いてた(フセしてるときの前足の指とかわらないような形)部分でも 原因がなんなのかわからない

獣医さんで 見た目に異常があっても 診断がだされてないようなので 脱臼なら原因が判明されてるかなと思うんですが
1年ほど経ちますので それから 獣医さんとこへ連れて行かれてるかはわからないです・・・

一護の飼育環境は その当時 外飼い クサリ等での繋ぎ飼い、 餌も数頭での1日~2日分を置いて なくなったら補充という感じだと聞きました
一応、一護だけは よく食べてるとは言われましたけど・・・。

足の事で その後改善はされてると思いますが・・・ 今はわからないです

とりあえず 僕の家での飼育は すべての子は同じでした

生後3ヶ月以降は 一頭ずつ 各自エサ入れに量も平等で育ててきたから 体重差なども 同じ状態で差も出てきた感じかな・・・
一応 成長記録はブログにも書いてます

大きくなるにつれて 運動的な動きは激しくはなってきましたけど 4ヶ月になるぐらいは 外での 散歩練習程度に外に連れてでるぐらい(外での自由運動はしてないです)
後は部屋での自由運動なのですが 部屋に出してる時はちゃんと側で見てますし 夜の8時前後には皆サークルに入れて寝させてました・・・朝の6時すぎぐらいにサークルから出す

部屋での自由運動(ただ部屋に放してるという意味) 3~4時間を 朝と夕方に サークルから出してたという生活

フローリングとかは 大きくなるほど 足が滑ったり 脱臼しそうかなとは 今現在の子達には思いますが
生後4ヶ月になる頃は そんなに力強くもなかったし 足の裏の毛も伸びてもない時期ですから 足が滑ったりというのはほとんどなかったようにも思います
それから ブルーシートは 思ったより 滑らないですよ 肉球とも フィットする感じだったし

一応 フローリングでの生活でも 見てますから 脱臼とうでの足の異常は 歩き方などで すぐ僕はわかると思います
15年以上 犬を飼ってますから 足にしても 見た目や仕草などにしても ちょっとおかしいなというのは感じ取れますから

だから よく観察はしてましたし もちろん怪我もしないように注意深く見てましたからね

兄弟達との遊びでも 一番大人しいような印象な子でしたから ドタバタはしますけど そこまで激しく遊んでたほどでもないし
女の子たちは お転婆さんという印象も出てきたから 飼い主さん達にも言ったりもしてます

なので 譲ってから僕が 9月半ばの写真で 立たせ方なのかな?と違和感を感じたように 実際は飼い主さんのほうが日々見てるから見た目がおかしくなってきてたら解かってもいいような気もしますが・・・

僕のところで なんか変に体がなってたり ビッコひいたりしてたら僕はわかりますので そういう子を譲ったりはしないです

ある程度は 犬がどうしたこうしたはブログに書いたりしてますし

もちろん遺伝的な要因も考えられるので 後に譲った子たちの飼い主さんにも キツメに飼育環境なんかも言いましたからね
(僕のところでの飼育とは違ってくるし)

それに 条件に出したブログも できるだけ書いてほしいとは 来られた時に 言ってますからね

ブログに関しても 飼い主さん任せになるので 僕からも 判断が難しい時は 写真とかビデオみたりで ごくごく普通の形での成長なら遺伝的なものだと言いますが
一応 家もずーっと同じ環境で 残してる子がいますし 大きくなるにつれパワーもアップしてきますから (子犬期とは比べ物にならないくらい) 脱臼とか怪我は 飼い方 飼育上でおきたと僕は判断すると思います

一護の場合は もともとの体の形的なものと 飼育上とが あまり合わなくて 急激な 体の変化 異変があったのかなと仮設としてもあげないと 実際 譲ってから 体に異常がでてるのは確かかなと
(遺伝疾患としても飼育上としても ちょっと変わりすぎなので 原因が事故的な怪我ならありえる感じもしますが あくまでネット上での判断は難しいかなと)

まあー見えない部分も多々ありますし 僕のほうは 実際 2回 飼い主さん、家族さんとも会ってますし 一護の現状もみてますから 僕のほうから 先天性、後天性 どちらも考えられるから 獣医さんへ足をはこばれるのが良い方法かなとしか言えないかな・・・。
ですが言われないだけで すでに手術や治らないなどの診断が獣医さんからあったかもしれないですし・・・(僕の憶測ではありますが)

足を骨折して報告があれば曲がってても仕方ないかなと思うけど 骨折の報告がなく 足が曲がってる事で疾患などで外野で盛り上がってる事もあるかと思うので ネットでどうこう言うより獣医さんに診てもらうのが一番なのかなとは思います。

2009/09/07 11:16  | URL | ブーちゃん #YSS4wjAk[ 編集] ▲ top
- No title -
レス、拝見しました。
あまり、病気などのトラブルについて、ご存知なく、理解されていないようなので・・・できれば、繁殖前にどういった症状があり、どのような原因があるか知っておいて頂きたかったものです。

文字では説明も難しいでしょうし、一例を。
http://www.animal-geka.com/seikei/01.html
こちらには様々な足のトラブルの症例が載っています。
なかに35にレッグペルテス(膝蓋骨脱臼)の大型犬が紹介されていて、歩様とかもわかるとおもいます。
スキップやケンケンのような症状は軽いものであり、グレードが進むと脱臼したまま関節が変形したりするけども歩けなくはないです。

逆に譲渡後直ぐに事故などであれば、両脚に同様ではなく負荷のかかった方に、それこそスキップ様の症状が出たりするとおもわれます。

フローリングについても書かれてますが、過去記事を拝見したところ、とても配慮されてるとはおもえません。
まだ骨が出来ていない生後数ヶ月の飼育環境としては特に。
もし遺伝的に原因がなかったとしても、なってしまった1頭の子以外、影響でなくてよかったですと言わざるを得ないかと。
飼育歴も誇らしいようですが、ボルゾイは母犬が最初ですよね?
ということは、大型犬がシニア期に入り、どれだけ足腰が衰えるか、ご存知ないと思います。

今からでも遅くないので、対策をしてあげたほうがいいですよ、とお伝えしておきたいです。
特に骨が成長したあとでもその分、体重は増えてる訳ですから、関節にかかる負荷は想像以上です。
遺伝的な要因も考えられると書かれていますが、そういうことを考えずに自家繁殖されてしまった結果であれば、他の兄弟にも連絡し、一度検査をして貰う方がいいことをお伝えした方が良いと思われますよ。
2009/09/08 23:04  | URL | とおりすがり #-[ 編集] ▲ top
- とおりすがりさんへ -
脱臼前提でお話されてるようですが 紹介されたサイトの動画見ても やっぱ僕の想像してたとおりだったし

一護の歩様は 容姿のわりに足の箇所(ふともも、ひざ、足首) その各箇所は ちゃんと 機能してたんです

カックンとかふらつくとかスキップとか そういったのがなかったから 足の脱臼系統ではないと思います

それに前足の指がどうしても 気になります

4本(前、後ろ)とも ペタっとした形なので・・・

フローリングといっても 滑らないようなブルーシートひいてましたし

フローリングに関しての生活は 僕だけがしてる訳ではないですし カーペットにしても 滑らないかもしれませんが 爪をひっかけたりという事もありますし 足の事故は フローリングだけに限りませんのでなんとも言えないかな・・・

原因もわからないのに 足が止まりすぎるのもどうかとと ケースケースで後々言われても困りますし

それから家のフローリングは そんなに滑らないぐらい痛みましたので 一応 最近シートリフォームはしましたけど・・・

ボルゾイは 案外 外でも 骨折することもあるから 足に関しては 中でも外でも 気にはしとかないと危険な部分もあります

家の場合 外でのほうが 足とか負担がかかる動きですが(-_-;)

遺伝的要因というか 後に譲った子も 成長途中でしたので 一護の容姿(実際見てなくて写真でしかわからなかったので) 兄弟ですので足の角度がきつく見えるようになるかもしれないので 飼育環境を言ってた感じです。

家にも 2頭残してますが 今は 怪我と判断します (脱臼、骨折などはいつ起こってもおかしくない動きですから)

他の兄弟達も遺伝というのを探すのは難しくなった生活ですからね

老犬は今 14才半の20キロ近くのシェルもいますから 大型犬に限らず 老犬飼育は 気をつけて日々見てますから。

今年すぐに 15才の子を亡くしましたので 衰える面でも 僕は感じるものも見てわかりますから 大型犬とか関係なく

一応 僕は 無知な犬飼ではないですから 専門用語でわからない所もありますが 犬との生活なんかも 快適に健康で暮らせるよう努力はしてますからね。
2009/09/09 01:16  | URL | ブーちゃん #YSS4wjAk[ 編集] ▲ top
- No title -
これは…遺伝的要因が強いと思いますよ。
ベタ足はほとんど遺伝ですし。
通りすがりさんがおっしゃってましたが、繁殖前に検査は受けられましたか?
病院での健康診断ではなく。
親犬だけ受けても仕方ないんですけどね。
母犬、父犬ともにどこの犬舎か知りませんが、ブリーダーさんが繁殖を許可されたのですか? だとしたら、一応ブリーダーさんにも報告しておいた方が良いですよ。犬種(ボルゾイ)のプロでしょうから。何かもっと的確な助言がいただけるかもしれませんし。

譲渡先の飼い主さんとの連絡もうまくいってない様子ですね。
繁殖者なら土足で上がり込むぐらいの干渉は犬のために必要です。

ブログにここまで書かれるのは好感が持てますが、繁殖者としての自覚を持っていただきたいと思いました。
これから先、この犬とその飼い主さんをフォローしていけるのは繁殖者なのですから。どうぞ頑張ってください。
2009/09/09 16:18  | URL | たまたま #-[ 編集] ▲ top
- たまたまさんへ -
偽妊娠でカキコしてた通りすがりさんですね

繁殖の検査というのは知らないのでしてないです

獣医さんと大型犬ブリーダーさんに 交配の日数とかの話はしましたけど

母犬(子犬)を買ってから ブリーダーさんとは すぐ切れるのがほとんどが多いので 僕から 母犬のブリさんとコンタクトをとる事はできないです

僕の場合は メール出しても返事が来ないので ブリさんとは それっきり

犬の場合、親兄弟がその後わからない部分も多いですからね

僕が 産ませた子達の飼い主さんにはブログを作ってもらうように作ってもらってます

リンクの 私ん家のU^ェ^U達 が 一護のブログです その前後が兄弟達のブログ

僕からは 土足で踏み込めるのも 良し悪しがあるかなと思うこともありますので ご理解いただければと思います。

繁殖された数多くの方が 譲ってから 譲った子達に会えたり 写真でみれたりって事もほとんどないのが当たり前な所もありますが なんとか 僕は気になってたので会えましたけど そこから感じるものもありますので 原因追究も 良し悪しの結果を生じるといけませんので 遺伝の部分は過去でも話題で聞いたりもしてますので 今後 こんな話もあると 他に伝えたいと思います。

2009/09/09 22:30  | URL | ブーちゃん #YSS4wjAk[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://chocoffee.blog26.fc2.com/tb.php/604-230dd7c5

| メイン |